飛距離が伸び悩んでいる方に共通する意外なポイントとは?

ゴルフで飛距離が伸び悩むのには、様々な原因が考えられます。構え方やスタンスの取り方、さらにボールの位置など、人によっても異なりますし、同じ方でもそのときの環境によっても変わってくる場合もあるほどです。だからこそ、ゴルフは奥が深く楽しいわけですが、飛距離を伸ばす方法として、ここでは正しいグリップに特化して説明しましょう。
まず、ゴルフのグリップにはたった一つの正しいグリップや、万人にとって正しく善しとされるグリップなどといったものはありません。ですので、ある方にとってはフックグリップが自分に合っていて、飛距離が伸びるといった場合もあれば、また違うある方はスクウェアグリップの方が調子はいいといった場合もあります。
このように、飛距離を伸ばすための唯一無二のグリップなどといったものは存在しないのですが、逆に、実は飛距離が足りないと悩む方に共通しているグリップのポイントがあるのです。どんなグリップかおわかりでしょうか?
それは、ウィークグリップというポイントです。ウィークグリップはその名の通り、「弱い」という意味で、このグリップだと一般的にはスライスが出やすくなってしまうため、飛距離が出ないのです。
もし、スライスを多く打ってしまうことで、飛距離が出ず、伸び悩んでいるという方であればまずはグリップを直し、フックグリップを試されてはどうでしょうか。それだけの違いであっても、飛距離が何十ヤードと伸びる方もいらっしゃるので、大変おススメです。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!