ゴルフ クラブ 飛距離 アップ

ゴルフで楽しくラウンドするためにはアイアンによる小技を磨くことも大切となるのですが、飛距離をアップさせることは非常に重要であると考えられております。また以前よりもドライバーによる飛距離が明らかに落ちてきたと感じる場合には、ラウンドが楽しくなくなってしまう可能性を有しているのです。
MENU

ゴルフの飛距離をクラブで楽にアップさせる方法について

ゴルフで楽しくラウンドするためにはアイアンによる小技を磨くことも大切となるのですが、飛距離をアップさせることは非常に重要であると考えられております。また以前よりもドライバーによる飛距離が明らかに落ちてきたと感じる場合には、ラウンドが楽しくなくなってしまう可能性を有しているのです。

 

そこでまず取り組みたいのはドライバーの飛距離アップなのですが、年齢と共に衰えていくのが筋力ということになりますのでパワーだけに頼る方法は難しいとされているのです。手っ取り早い方法として推奨されているのが思い切って新しいドライバーを入手する方法であり、キャロウェイやテーラーメイドおよびタイトリストなどから最新のドライバーが発表されております。

 

これら最新のドライバーは当然ながら飛距離アップを売りにしており、上手に使いこなすことができれば確実に飛距離アップにつながるとされているのであります。この上手に使いこなすことが実は大きなポイントとされているのですが、分かりやすい表現をするならば無理なく振り切ることができることということになるのです。

 

ドライバーの扱いやすさを追求するために軽量化が図られてきており、容易に振り切ることが可能となっているのですが、軽量すぎるドライバーでは十分な飛距離を得ることができない可能性を有しているのです。つまり年齢とともに衰えてくる筋力を気にして軽量すぎるドライバーを選択すると、飛距離の低下を招きかねないということになるのです。

 

参考サイト
カタナゴルフのドライバーが合わなかったらHAYABUSAがおすすめ!

 

また自分にフィットしたゴルフクラブを選択すればそれほど筋力を使わなくても、正しいスイングを行うことによりクラブの重量を上げることは十分可能となるのです。つまり飛距離アップを考える場合にはクラブヘッドの軽量化による扱いやすさのみを追求するのではなく、より自分にフィットした重量のクラブを選択することが重要となるのです。

 

それから再度スイングを見なおして欲しいのですが、そのためにも体幹トレーニングが大切とされているのです。この体幹トレーニングはどのスポーツにおきましても重要とされているのですが、特にスイングバランスがポイントとされているゴルフにおきましては最重要課題となっているのです。

 

この体幹を鍛えるためには腹筋や背筋を鍛えるトレーニングに取り組む必要を有しており、毎日少しづつ取り組んでおきたいものなのであります。この体幹がしっかり鍛えられていれば、ゴルフスイングが手打ちではなく体の回転によるものとなりますので、意識をしなくても以前の飛距離を取り戻すのみならずさらに飛距離アップを目指すことができるのです。

 

リョーマゴルフより人気のHAYABUSAの高反発ドライバーの正体とは?

このページの先頭へ