ゴルフ 飛距離 スイング アップ

ドライバーの飛距離を伸ばそうとして力任せにショットをしようとしている人がいますが、ドライバーは筋力で打つものではありません。ヘッドのスイートエリアにゴールボールがヒットすれば、きちんと飛ぶようにドライバーは設計されています。ドライバーはアイアンなどと比べてロフト角が小さいので、適切なスイングをする必要があります。飛距離が伸び悩んでいるという場合は、まずスイングを再チェックする必要があるでしょう。
MENU

ドライバーの飛距離をあと20ヤード伸ばすために修正しておきたいスイング時のミス

ドライバーの飛距離を伸ばそうとして力任せにショットをしようとしている人がいますが、ドライバーは筋力で打つものではありません。ヘッドのスイートエリアにゴールボールがヒットすれば、きちんと飛ぶようにドライバーは設計されています。ドライバーはアイアンなどと比べてロフト角が小さいので、適切なスイングをする必要があります。飛距離が伸び悩んでいるという場合は、まずスイングを再チェックする必要があるでしょう。

 

ドライバーで球が飛ばないという人によくある1つ目のミスは、ドライバーでゴルフボールをすくい打ちしようとしている場合です。ティーショットの場合、すでにティーがある分だけボール位置が高くなっています。この状態ですくって打とうとすれば、ダフリ気味になってしまうのは当然のことでしょう。

 

ドライバーの弾道がアッパーブローになりすぎている場合は、体重移動ができていないことが多いです。インパクトやフォロースルーの時に右足から左足に体重移動ができていない時はフェースが開いてしまうので、弾道が必要以上に高くなってしまうのです。このようなことを避けるためには、まずゴルフボールなしで右足から左足に体重を移動させる練習が必要です。きちんと体重移動ができていれば、フォロースルーの時に左足に重心が残っているのですぐにわかります。

 

また体のひねりを意識しすぎて、バックスイングの際に重心が右足以外に移動してしまうミスもよく見かけます。バックスイングをしてヘッドがトップに来た時に一時停止をしてみましょう。この時に体がふらつくようであれば、重心が右足にきちんと置かれていないということになります。

 

何度もスイングを途中で一時停止してみて、右足に重心がかかっているかを細かくチェックするようにしましょう。重心移動ができるようになったら、さらに右足の爪先を蹴るようにすれば、さらに飛距離が伸びます。これは上級者テクニックになるので、重心移動をマスターしたら右足を蹴ることにもチャレンジしてみましょう。

 

他に、体のひねりが浅すぎて遠心力が得られないというミスもあります。これを防ぐためには、左肩と腕を一直線に保ったままバックスイングを行い、限界までこの直線を保つようにすることが大事です。限界まで達したら、そこで初めて手首のひねりをきかせます。こうすることによってひねりの力を最大限に持っていき、遠心力を高めることができるのです。

 

ポイントはクラブのテイクバック時に左手の力だけでクラブを持ち上げるようにすることです。ここで右手の力が入るとひねりが浅くなりやすいのです。まずは左手だけでスイングする練習をして、左手でクラブを持ち上げていく感覚を体で覚えると良いでしょう。

 

リョーマゴルフより人気のHAYABUSAの高反発ドライバーの正体とは?

このページの先頭へ